HOBBY FOOL PUNISHMENT

闇でしか裁けない積みがある…… 解き放て、アンリミテッド…!!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

HG R05 イージスガンダムその1  

本日から積みプラ崩しで、しばらくガンプラの製作工程を紹介。
まぁヌルモデラーなんで箸休め程度に見て頂けると幸い。
1番バッターは先日買ってきたこのキット!

aeg01.jpg

「HG R05 イージスガンダム」です。
ガンダムSEEDのアニメリマスターに合わせて所々アップグレードされた
Rナンバリングのキットになりますね。
まずはランナーを見ながら、約10年前のガンプラを考察してみましょう。
aeg02.jpg

4色成型のAランナー。
アンテナは他のGATシリーズキットに比べてシャープになっていますが
基本工作として更に尖らせる工程は必要かと思います。

aeg03.jpg

イージスのメインカラーであるピンク(?)のB1・B2ランナー。
旧版に比べてリマスター版は、劇中の機体色に近づくよう赤みが増しています。

aeg04.jpg

関節、武器等のCランナー。
旧版キットではグレーだったのがガンメタに変更されています。
多少ですがウェルドラインがあるので、何らかの塗装を施す予定です。
新規パーツとしてアクションベース2用のアタッチメントが追加されているのも
特徴でしょうか。

aeg05.jpg

ポリキャップは長年HGキットを支え続けた万能選手・PC-123プラスと
SDガンダムでもお馴染みのPC-20です。
ホイルシールはカメラアイと頭部センサー部の2箇所のみ。
それだけこのキットは色分けが成されているという事ですね。
リマスター版には新規にマーキングシールが追加されています。
これらは保存しておけば他のザフトMSにも使えそうです。

写真は以上です。

リマスター版SEEDのキットは初めて買ったのですが、古臭さを感じさせない
パーツ割り(あくまで10年前のスタンダードとして)だったり成型色の変更で
何とも言えない新鮮さがあります。
次回は早速仮組みに取り掛かります、お楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2012/07/21 Sat. 19:59 [edit]

category: SEEDシリーズキット製作

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hikenissen.blog.fc2.com/tb.php/54-fd8c1fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログを書いている人

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

スーパーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

アクセスカウンタ

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。